言葉を覚えるということ。

教科書もないような言葉を覚えるのは大変だったと思う。
ウクライナに残された人にもそんな人がいまして、髪も筆もなく、必死に路愛護を勉強したのですって。

収容所、ではなく、別のところで働けることになった時は外にも出られたらしく、
そこで古い新聞を拾ってきては周りのウクライナ人に「これは何という意味か?」って聞きまくったらしい。
効いたって、答えもロシア語でしょ、、、難しいよねーー。
それでも必死になんとか覚えていったらしいのです、すごいよねーー。

その人は、戦争や国に恨みはぁるけど、ウクライナ人に恨みはない、のだそうです。
よほど優しくしてくれたんでしょう。
そこで生きていられたのだから無理もないけど、それにしても優しかったんでしょうねー。
戦争の話できくのはこういう話ばかりだ。
絶対にしてはいけないよね。
今更ながら、ですが、こうして何度でも書かないと、若い戦争を知らない人たち(私も知りませんが)が、
また線背王をおこしてしまうかもしれないのです。
だから、、伝え続けます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12

リンク

このブログ記事について

このページは、ともえが2020年12月 1日 00:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ツナ缶って便利」です。

次のブログ記事は「ホームページのパーマリンク」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。