2020年6月アーカイブ

プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命

ライアン・ゴズリングが出てる映画「プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命」というのを見ました。
途中から話が「あれ?」になっていくんだけど、ちゃんとつながっているんだね。

ライアンが演じた人胃はすぐに(でもないか)死んでしまって、
これで映画が成り立つの?って思うけど、大丈夫、ちゃんと出来てます。

そうだよね、途中の「あれ?」で話が切り替わっていく時に出てきた俳優さん、
恰好良すぎるもん(笑)。
彼を使った意味がないよね、ただの警官じゃ。。

子どもがグレていくんだけど、自分は出世していく。。
自分が殺した人の子どもぐれて、この子供同士が、お互いの生い立ちを知らないまま仲良しになっていく。
よく出来た話だ。
だから映画になるんだけど。

途中で主人公が変わるっていう映画はあまりないでしょ?
その主人公が恰好いいったら、、、これまたないでしょ?あるか??

見て損はないというか、絶対見てほしい映画です。
恰好いいのが出てくるから目の保養になるし。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12

リンク

このアーカイブについて

このページには、2020年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2020年5月です。

次のアーカイブは2020年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。