ダルビッシュさん

野球選手のダルビッシュゆうさんは、幼稚園のときまで家でもどこでも英語だった、って聞きました。
お父さんがイラン人だし(?)。

でも、日本語になってからは英語はどんどん忘れていったらしいのです。
そこからメジャーに言って、勉強をしたらしいので、苦労は他の人と同じ。
それでも(聞いたことはないけど)英語は違和感なく、うまいそうです。

彼もそうだったようですが、机の上で勉強するのではなく、
どんどん英会話のなかに入っていくことですよねー。

人の言ってる事を真似できたら、立派に会話ってできるようになるものです。
だって子供がそうでしょ。

しかし、、、野球選手とか、サッカー選手もそうですが、選手としての練習とは別に、
こういうのも入ってくるわけですよね、、大変です。
それでも世界に出たいって思うものらしく、皆さん頑張っています。

ダルビッシュさんも、紗栄子さんとの間の子供に養育費を払い、
子供連れでの再婚相手に、これまた自分の子供も出来、
なにかと大変ですが、、、どうやらシアワセなようです。
良かったですねーー。

幸せがなによりなのです。

このブログ記事について

このページは、ともえが2020年1月 1日 01:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ハンサムはいいな!」です。

次のブログ記事は「レントゲンで分かること」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。