2019年3月アーカイブ

ご先祖様

「華族」っていう言葉があって、、、正確には制度があって、我々はこの「言葉」というものを
聞いたり見たりするだけで、華族という存在を知りません。
昭和22年に廃止になったので今はもういないんです。

「公家」という言葉も耳に残ります、でも存在はしない。

昔「華麗なる一族」をなにかでちらっと見た事があるのですが、
その時のセリフに「公家の出身にくせに!」とかなんとかいうのがありました。
なのであの時代にはまだそういう会話があったのかな?
今はもう「公家の出身だ」とか、、あんまり言わないよね。

そのお公家さんですが、むかーーし、結構好きだった俳優さんがいて、
その人が「うちの実家は公家の出身で、、あんがい質素なんです」
って言ってて、だから公家って質素なんだ、、って勝手に思い込んでいたことがあります。

お公家さんって地味な印象だったんですけど、華族の1つでもあって、
お金があるところはあったし、、、、質素だった家もあった、、ってことみたいですね笑。

いずれにしてもこんなふうに「昔は・・」とか「旧・華族」とか「公家の出身で」
とか、そういう使われ方をしますね。
今はもうないんです!

ご先祖様がいかにりっぱんでも、その人を表すものはその人の現在の生き方でしかないのだ。

このアーカイブについて

このページには、2019年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2019年2月です。

次のアーカイブは2019年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。