2014年7月アーカイブ

整形外科と眼科の医師

仲良くしている車の営業さんが事故にあいました。
最初は物損だけでいこうとしたけど、なんか納得のいく対応をしてもらえなかったみたいで。
それで人身にしようかどうしようか、ということになったら、保険会社から早く病院に行け、とうるさく言われたのだとか。
でもお休みがなかなかなくて、病院に行けなくて、事故にあって10日以上過ぎてしまったとのこと。
そうすると医師もなかなか診断書を書いてくれなくなるのだとか。

それでどこの整形外科に行けばいいでしょうね?と相談されたので、知っている整形外科の先生を紹介しました。
私はあまり印象はないのだけど、旦那はとてもお世話になった先生で。
旦那が手の大けがをしたのだけど、元通りに手が動くまでは回復しなくて。
それでなにかいい治療法があるかも、ということで、紹介されたその医師に診てもらって。
そしたらその医師が怪我をした状況の診断書のようなものを見たところ、ここまで回復したのはすごいことだと。

これ以上のなにをのぞむというの?と言われて、旦那はちょっと救われた思いだったそう。
それとリウマチとかの専門だったみたいで、交通事故の後遺症とかも、あとから出てくる、というのはとても理解がありそうというのがあって、旦那はその先生をすすめたのだとか。
実際診てもらったら、「ちょっと来るのが遅いな」とは言われたけど、診断書を出してくれたそう。
結局人身にはしなかったらしいけど、こちらもいい先生が紹介できてよかったです。

その後、コンタクトを作ろうということになり、同じ病院の眼科に行って処方箋をもらいました。
眼科の先生と話してみると、先日の整形外科の先生と仲良いとのこと。
ついつい盛り上げってしまいました。もちろん、短い時間だけですけどもね。
なんでもその眼科ではレーシックをやっていないので、レーシック対応の眼科に転職するかもなんだって!
レーシック対応眼科の医師求人を見てみたら、なんかお給料たかいんですね。一般人にはびっくり。
お金目当ての転職なのかなぁ、、まあそれを否定するつもりは全くないんですけどね!

このアーカイブについて

このページには、2014年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年5月です。

次のアーカイブは2014年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。